2012.04.16 , 13:12

日本軍731部隊 細菌戦の被害者遺族、日本で集会

日本軍731部隊  細菌戦の被害者遺族、日本で集会

  CRI によると、中国を侵略した旧日本軍731部隊が行った細菌戦と生体実験による被害者の遺族が15日、日本で集会を開き、日本侵略軍の罪悪な行為を訴えました。これは生体実験による中国人被害者の遺族と細菌戦による中国人被害者の遺族による初めての共同集会です。

 この集会には、100人以上が参加し、席上被害者の遺族代表が細菌戦がもたらした被害と苦しみを紹介し、旧日本軍731部隊の細菌戦実施の真相を調査し、日本侵略軍の最悪的行為をを正しく受け止め、被害者とその遺族に謝罪し、賠償することを日本政府に求めました。

 この集会に参加した松本恒雄さんは、日本政府は旧日本軍731部隊が中国で細菌戦と生体実験を行った事実を認め、被害者とその遺族に賠償すべきだと述べました。

 去年の11月に、旧日本軍による細菌戦を研究している奈須重雄さんは731部隊が中国で細菌戦を行った新たな証拠を発表しました。それは、731部隊の従軍医であった旧日本軍陸軍軍医学校防疫研究室の少佐金子順一氏が1943年の12月に発表した論文です。この論文には、1940年6月から1941年11月まで、731部隊が中国の浙江省と湖南省で飛行機からペスト菌を撒き、中国人約2万6000人を感染させた内容が記されているということです。

  http://japanese.cri.cn/881/2012/04/16/161s190704.htm

  •  
    シェアする