2012.05.11 , 14:16

新たなマヤ暦発見:世界滅亡は7000年後

新たなマヤ暦発見:世界滅亡は7000年後

   米国の考古学者らは、新たなマヤ暦を発見した。

   14世紀から15世紀のマヤ暦では2012年12月21日までしか表されていないため、2012年に世界が滅亡するとの噂があるが、新たに見つかったカレンダーは異なっている。

   デイリー・メール紙が伝えるところによると、新たなマヤ暦はボストン大学のウィリアム・サトゥルノ博士が率いる考古学者チームによって、グアテマラのシュルトゥン遺跡で発見された。同遺跡は約100年前に発見された。

 研究者らはある家で、太陽や月のほか金星や火星の運行周期が描かれた9世紀の壁画を発見した。これらの周期によると、世界は少なくともあと7000年は存在する。

   Newsru.comより

  •  
    シェアする