2012.07.20 , 11:55

イタリアでモナ・リザの遺体発見

イタリアでモナ・リザの遺体発見

   イタリアの遺跡発掘者グループがレオナルド・ダ・ヴィンチによる肖像画で有名なモナ・リザ(正式にはリザ・デル・ジョコンド)のものと見られる遺体を発見したことを明らかにした。

   モナ・リザのモデルについては諸説あるが、そのなかでも最も流布されているのが、フィレンツェで絹を商う商人の妻だったリザ・ジェラルディーニではないかというもの。夫の死後リザはフィレンツェの聖ウルスラ修道院へ入り、剃髪を受けた。修道院は現在、荒れ果てた状態にあり、彼女が葬られた場所で発掘作業が行われている。

   床下1.5メートルの深さの埋葬場所からは女性の頭蓋骨、肋骨、背骨の骨数本が見つかっており、ザ・デイリー・メールの報道では、調査員らはこれをリザ・ジョコンドのものと考えている。

   遺伝子鑑定の結果、遺体が実際にリザ・ジョコンドのものと分かった場合、本物のリザの顔の復元作業が始まる。これによってダ・ヴィンチ作のモナ・リザの肖像画が本人の顔と一致するかどうかが判明する。

   NEWSru.com

  •  
    シェアする