2012.07.24 , 13:04

原子力潜水艦の放火はうつ病にとって最も優れた処方箋

原子力潜水艦の放火はうつ病にとって最も優れた処方箋

   米国では原子力潜水艦「マイアミ」を放火した容疑で整備士を逮捕した。AFP通信が伝えた。

   米メーン州の海軍造船所で23日、整備中だった「マイアミ」で火災が発生した。調査情報によると、放火したのは潜水艦の清掃と塗装作業を行なっていた24歳のケイシー・フュリー容疑者。フュリー容疑者はうつ病を患っており、早く帰宅したくてライターで潜水艦に火を放ったという。

   火は潜水艦の前方4つの部分に燃え広がり、およそ10時間後に消し止められた。後部にあった原子炉は損傷を受けなかったが、7人が負傷した。

   米海軍委員会は、火災の損害は4億ドル以上にぼるとの結論を出した。フュリー容疑者は23日、潜水艦とその近くにあった建造材料への放火を意図的に企てた容疑でメーン州の裁判所に訴えられた。フェリー容疑者には終身刑および約25万ドルの罰金が科される可能性がある。

  •  
    シェアする