2012.10.25 , 09:42

ソマリアの海賊 NATOのフリゲート艦に発砲

ソマリアの海賊 NATOのフリゲート艦に発砲

   ソマリア沿岸で、海賊が北大西洋条約機構(NATO)海軍部隊の旗艦フリゲート艦「ロッテルダム」(オランダ)に発砲した。

   NATO海軍部隊の海賊対策作戦「オーシャン・シールド」の指揮官が伝えたところによると、事件は24日、疑わしい小型ボートの検査中に発生した。「ロッテルダム」が、小型ボートに近づくためのゴムボートを降ろしたとき、小型ボートの乗組員らが発砲した。これを受け、「ロッテルダム」は規則に従い発砲、その結果、海賊の小型ボートは炎上した。海賊らは泳いで難を逃れたという。なお、発砲では、海賊1人が死亡、「ロッテルダム」の乗組員にけが人はなかった。「ロッテルダム」は、海賊船の乗組員25人を救出した。

   なお、「ロッテルダム」が海賊の取締りを行っていた時、岸から何者かが発砲し、NATOのゴムボート1隻が損傷を受けた。

  •  
    シェアする