2013.01.22 , 16:15

NZで「ネコ追放」運動

NZで「ネコ追放」運動

   ニュージーランドでネコが珍しい種類の鳥を根絶やしにしようとしている。そのため「ネコ追放」運動が起こっている。提唱者のひとりガレ・モルガン氏が述べた。

   運動の公式サイトには「あなたのお宅のふわふわの小動物であるが、そいつは生まれついての殺し屋なのだ」との文言が並んでいる。「もしも自然環境を本当に心配するならば、ネコは追放されるべきだ」。モルガン氏はさらに、ネコ問題の所在はすなわち、ネコが自分の満足のために鳥を殺して回っている点にある、と語っている。

   提唱者モルガン氏は、何も飼い主に畜殺を勧めているわけではない、としている。単に、今飼っているものが自然死した日には、もう次のものを飼わないようにする、というだけのことだ、と。しかし、「ネコ追放」運動のウェブサイトでは、飼いネコを安楽死させることが推奨されている。

   ニュージーランドはネコ愛好家の数が非常に多い国である。48%の住人が少なくとも1匹、ネコを飼っている。先進国の中では突出した数字である。

   インターファクス

  •  
    シェアする