2013.05. 4 , 12:26

中国の研究者、豚と鳥インフルエンザウイルスを交配 世界から批判を浴びる

中国の研究者、豚と鳥インフルエンザウイルスを交配 世界から批判を浴びる

中国の研究者たちは、インフルエンザの新たなワクチンを製造する決定を下した。研究者たちは、新たなワクチンを製造するために、鳥インフルエンザウイルス株と豚インフルエンザウイルス株を交配させた。学者たちによると、実験は成功した。だが、なぜそのような実験が必要だったのかは不明。

   この「ハイブリッド」研究の価値は、疑わしい。ウイルス株が実験室から一般社会へ侵入しないという保証はない。研究者が感染し、そのあと感染が広がる恐れがある。中国のウイルス学者たちは現在、外国のウイルス学者たちから多くの批判を受けている。

   Vesti.ruより

  •  
    シェアする