2013.05.16 , 12:49

NASA:火星は年200発の「小惑星による攻撃」を受けている

NASA:火星は年200発の「小惑星による攻撃」を受けている

   人工衛星MRO(Mars Reconnaissance Orbiter)の撮影した火星の写真によって、史上初めて、一年間に火星に衝突する小惑星の数が数えられた。NASAが発表した。MROは火星の周回軌道上で最大の出力を誇るカメラHiRISEを搭載しており、2006年以降撮影を行っている。

   同一の地帯を数年間継続的に撮影した写真を学者たちが比較、10年以内に形成された新しいクレーター248個を特定した。うち最小のものは4mサイズ。1~2mサイズの小天体の衝突で形成されたものだ。地球の場合、こうした小天体は地表に到達することがない。大気圏で燃焼してしまうのである。火星の大気では、こうしたことは起こらない。以上のような方法でデータを分析した結果、火星には年間200の小惑星・惑星片が落下しているとの結論が引き出された。

   リア・ノーボスチ

 

  •  
    シェアする