2013.06. 7 , 23:28

米国人を鬱から救っていたラジオの司会者が自殺

米国人を鬱から救っていたラジオの司会者が自殺

精神疾患を抱える人たちの悩みや相談を聞く米国のラジオ番組「幸せを求めて」の司会者が自殺した。

「幸せを求めて」の司会を務めていたジョン・リーチングさんとリン・ローゼンさん夫妻は、ニューヨークの自宅で遺体で発見された。2人はソファーの上で、ゲルの入った袋を頭に被って死亡していたという。

 48歳のジョン・リーチングさんが残したと見られる遺書のようなメモには、「これ以上、妻が苦しむ姿をみることはできない」と記されていた。警察はメモの内容から、46歳のリン・ローゼンさんが、重い精神疾患を患っていたとみている。

 リン・ローゼンさんは、プロの心理カウンセラーで、ラジオWBAI-FMで、ミュージシャンの夫ジョン・リーチングさんと一緒に、毎回1時間にわたって、リスナーたちに、問題を前向きにとらえる方法や、抑うつ状態を克服するためのアドバイスなどをしていた。2人のアドバイスが、自殺を思いとどまらせたこともあったという。

 Newsru.com より

  •  
    シェアする