2013.06.17 , 10:45

「放射性」日本車、サハリン港で阻止

「放射性」日本車、サハリン港で阻止

先週末、コルサコフ港の税関が、基準値を越えるイオン放射線を放つ自動車を摘発した。

「日本車Toyota VoltzがフェリーWater Islandに乗って日本からやって来た。前部のバンパーから0.17マイクロシーベルトのガンマ線が発見された。自然界では0.08マイクロシーベルトである。また放射性ベータ線も発見された。最初の調査では、セシウム137によるものと見られる」とサハリン税関。

   放射線量の多い商品を利用することは「放射線安全保障検査基本法」で禁じられている。

インターファックス通信

  •  
    シェアする