2013.06.24 , 11:36

米国の綱渡り師 グランドキャニオンを命綱なしに横断 (ビデオ)

米国の綱渡り師 グランドキャニオンを命綱なしに横断 (ビデオ)

   米国の著名な綱渡り師ニック・ワレンダ氏が、グランドキャニオンで450メートル以上の高さに渡したロープの上を見事横断した。AFP通信が伝えた。

この危険な綱渡りを、ワレンダ氏は約23分かけて成し遂げた。グランドキャニオンの谷の間に渡されたロープは鋼鉄製で、その高さは450メートル以上、長さはおよそ430メートル、ワレンダ氏は、このロープを「命綱」をつけずに渡り切った。その模様は、チャンネルDiscoveryが生中継した。

  ワレンダ氏は、代々著名な綱渡り師の家に生まれ、たった2歳で初めての綱渡りに挑戦した。彼の偉業は、これまで何度もギネス・ブックに掲載されてきた。例えば2008年、彼は、およそ40メートルの高さに渡したロープの上を自転車で45メートル走り切った。また昨年は、ナイアガラの滝で、50メートル以上の高さに渡したロープを横断した。

   リア・ノーヴォスチ

 

  •  
    シェアする