2013.07.15 , 08:05

米国、オートバイで時速482kmを出して死亡 (ビデオ)

米国、オートバイで時速482kmを出して死亡 (ビデオ)

オートバイで時速482kmを達成しようとした米国人ライダー、ビル・ワーナーさん(44)が死亡した。メーン州の元空軍基地で記録達成に挑んだが、時速が458kmにまで達したとき、その駆る「スズキ・ハヤブサ」が制御を失い、横転。事故から1時間15分後に死亡した。14日、AP通信が伝えた。

「ビルの記録に達する者が現れることはないだろう。彼のような素晴らしいライダーが現れることも」とティム・ケリー氏。ケリー氏は1994年に閉鎖されたこの空軍基地で毎年オートバイ競技(Xスポーツ)大会を開催している。

   2011年、ワーナーさんは、改造した「スズキ」を駆って、オートバイによる世界最高時速を達成した。時速500kmだ。このとき用いた場所は、2.4kmの広さがあったが、今回は1.6kmの場所で試みがなされた、とケリー氏は指摘した。

   イタル・タス

  •  
    シェアする