2013.08.10 , 16:32

サメとキスし285針縫った不死身のダイバー(ビデオ)

サメとキスし285針縫った不死身のダイバー(ビデオ)

   ダイバーのデイヴ・マルセルさんは、長年観光客と共に、米フロリダ州のキーラーゴ村沖のエルボウ暗礁に潜っているが、ヒゲザメが危険ではない事を証明しようと、見本を見せるつもりでサメの口に勇敢にも直接キスした。

   しかし、鋭い500本もの歯の生えた巨大な口を持つサメは、キスには応えずマルセルさんに咬みつき、その恐ろしい様子がディスカバリー・チャンネルのカメラに収められる事になった。

   経験豊かなダイバーであるマルセルさんが今回、失敗を犯してしまった原因は、キスする前にサメを裏返しにしたことだった。そのためサメは、彼を見る事ができず、獲物だと思ってしまった。幸いサメは、餌ではないと分かってすぐに彼を自由にしたため、マルセルさんは助かった。

   ディスカバリー・チャンネルのインタビューの中でマルセルさんは「恐らく、私はおいしくなかったのだろう」と述べている。

 

   マルセルさんは幸いにも、顔にひどい傷を負うことはなかったが、唇の周りの部分を285針も縫った。サメがかんだ時の感じについて、彼は、口の中で花火が破裂したようだったと表現している。

   こんな事故があっても、マルセルさんは3日後には、又大好きなダイバーの仕事に戻ったそうだ。

 

 

DailyMail

  •  
    シェアする