2013.09. 6 , 09:25

スリランカのエクソシスト 悪魔祓いの最中に亡くなる

スリランカのエクソシスト 悪魔祓いの最中に亡くなる

   スリランカの男性エクソシスト(祈祷師)が、悪魔祓いの儀式に失敗し、命を落とした。

   まず彼は、猫を生贄として捧げた後、自分を埋葬するよう命じ、集まった人達に、棺の中に持って入った剣で地中から合図を送ったらすぐ自分を掘り起こすよう頼んだ。しかしマレーシアの新聞「New Straits Times」が目撃者の話として報じたところでは「3時間たっても何の合図もなかったため、人々は棺を掘り起こす事にし祈祷師を地中から出したが、彼はすでに意識が無く、病院に運ばれた時にはすでに事切れていた。」

   スリランカは国民の70%が仏教徒だが、黒魔術や妖術といったものが広く信じられており、住民ばかりでなく権力当局の代表者達も占星術に大きな注意を払っている。例えば、国の行事は、有名な占星術師が「吉の日」とした日に執り行われる。

   Newsru.com

  •  
    シェアする