2013.09.10 , 12:24

ブラジル人男性、ヤギとの結婚を決意

ブラジル人男性、ヤギとの結婚を決意

   ブラジル人男性アペレシードゥ・カスタリードゥさん(74)は飼っているヤギのカルメリータとの結婚を決意した。イブニング・スタンダード紙が伝えた。カスタリードゥさんは結婚登録はもちろんしないものの、結婚式は盛大に行うことを明らかにしている。

    カスタリードゥさんは元煉瓦石積み職人で現在は年金生活を営んでいる。結婚式の日取りは10月13日に決められた。式を執り行うのはブラジルでは最も有名 な悪魔教者として知られ、地球における悪魔の使者を自称するアントニオ・フィルミヌさん。コスタリードゥさんは結婚式の仕切りを悪魔教者に頼んだ理由とし て、教会がこれを拒んだためと説明している。  

   なぜヤギを相手に選んだかという理由についてコスタリードゥさんは、「ショッピングでお金も使わず、無駄口もきかず、妊娠もしない」からと答え、ヤギは妻として不足はないと語っている。この結婚について親戚縁者(がこの方におられれば、の話だが)の反応は伝えられていない。

   ところが世の中には動物と結婚した例はほかにもある。2010年12月豪州のジョゼフ・グイノさんは飼い犬と、また同年5月ドイツのウヴェ・ミツシェルリフさんは病身の猫と婚姻を結んだ。

   Lenta.ru

  •  
    シェアする