2013.09.13 , 12:05

世界一醜悪な魚、発表される

世界一醜悪な魚、発表される

   「醜悪な動物を守る会」なる組織が熟議の末、新たに世界一醜悪な動物を発表した。優勝者はブロブフィッシュ(blobfish)という魚。

   生息地は太平洋、大西洋、インド洋の深海。悲しげな瞳と「人らしい」鼻のお陰で多くの支持を得た。世界一不快な相貌の魚であると。

   会議と投票は英ニューキャッスルで行われた。この企画の目的は、絶滅の危機に瀕している「美的見地から問題を抱えた生き物」に対する注意を喚起することだ。人はしばしば見てくれの愛らしい生き物(パンダなど)ばかりを保護しようとする。しかし恐ろしい生き物やぎょっとする生き物なども、実は絶滅の危機に瀕しているのだ。生物学者でTVキャスターのサイモン・ワット氏はそう指摘した。

   RBK

  •  
    シェアする