2013.09.23 , 11:28

北朝鮮、長距離ミサイルエンジン点火実験か

北朝鮮、長距離ミサイルエンジン点火実験か

   北朝鮮が8月末、長距離ミサイル用エンジンの実験を行った可能性がある。23日、米韓が運営するニュースサイト38Northが発表した。

   ジョン・ホプキンス米韓研究所は衛星データを分析、8月25日から30日の間に「ソヘ」打ち上げ台でエンジン点火実験が行われた可能性があることを突き止めた。

   衛星写真からはミサイルのタイプまでは特定できない。しかし、直径2.5m、全長9-10kmというサイズから、長距離ミサイルと思しい。

   同研究所によれば、今回の実験(実験が事実であれば)は打ち上げロケット「ウンハ3」の第2段階実験、あるいはそれより遥かに強力なロケット(ミサイル)の実験である可能性がある。

   リア・ノーボスチ

 

  •  
    シェアする