2014.02.18 , 14:36

ラヴロフ外相:ロシアは日本との間に領土紛争なるものがあるとは 考えていない

ラヴロフ外相:ロシアは日本との間に領土紛争なるものがあるとは  考えていない

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は18日、モスクワで開かれた記者会見で、ロシアは日本との間に領土紛争なるものがあるとは考えていない、と述べた。

    「国際法に基づく現実は、広く認められ・国連憲章の中で固定された第二次世界大戦の結果が存在するということに尽きる。我々がこの問題の解決の道を討議するとき、この現実から出発しなければならない」とラヴロフ外相は強調した。


    ロシア外相によれば、両国の間には国境線をめぐる問題の正常化に関する作業を「双方に受け入れ可能な解決を見つけるべく」継続していく合意が存在する。



    インターファクス

  •  
    シェアする