2014.03.15 , 10:16

米国 クリミア上空で米無人機が迎撃されたとの情報を否定

米国 クリミア上空で米無人機が迎撃されたとの情報を否定

   米国防総省は、クリミア上空で米国の無人機が迎撃されたとの情報を否定している。

   伝えられるところでは、ドイツのバヴァリア地方に主な基地を置く米国の第66軍事偵察旅団に属する無人偵察攻撃機MQ-5Bは「ロシアの電子戦用装置『アフトバズ』により迎撃された」。

   しかし、その後、米国防総省はそのサイトの中で「一連のマスコミが、クリミア半島に配備されている『アフトバズ』が使用されたと伝えているが、我々はこれを確認していない」と伝えた。

  •  
    シェアする