2014.04. 6 , 03:45

フランス 殺人事件の「証人」として犬を尋問

フランス 殺人事件の「証人」として犬を尋問

   RTLラジオによれば、フランスで殺人罪を審議した裁判官は「証人」として被害者の飼っていた犬を尋問した。飼い主が殺された時一緒にいたラブラドル犬のタンゴは、犯人逮捕に役に立つと期待されたからだ。

  犬とうまくコンタクトを取る為に、裁判所は専門の獣医に頼み「証言確認」のため、同じ年齢だが事件と何の関係もないラブラドル犬ノルマンを用意した。ノルマンは、裁判官が、容疑者に対する2匹の犬の反応を見たい時や、明確な結論を出したい時、尋問に協力した。

   しかし犬に「証人」尋問する実験は、失敗に終わった。タンゴが主人が殺害された運命の日の状況をはっきり思い出すのを助けるため、裁判官が容疑者に対し、重いバットを脅すよう振り回すことを指示したが、何の効果もなく、2匹の犬は共に無関心なままだった。

 

  •  
    シェアする