2014.04. 6 , 09:45

シヴェルチ火山 6000メートルの噴煙を吹きあげる

シヴェルチ火山 6000メートルの噴煙を吹きあげる

  カムチャツカのシヴェルチ火山が海抜6000メートルの高さまで噴煙を吹きあげた。ロシア科学アカデミー地球物理局カムチャツカ支部が伝えた。

   ロシア非常事態省カムチャツカ支部の情報によると、噴煙は風で火山から北東のオゼルノイ湾の方向に広がっている。なお居住地域に危険はないという。

   火山警戒レベルの航空 カラーコードは、 1-5段階のうち4段階の「オレンジ」が発令されている。

   イタル・タス

 

  •  
    シェアする