2014.07. 5 , 11:25

世界で最も有名な風景の一つが消える?

世界で最も有名な風景の一つが消える?

  米カリフォルニア州で森林火災が発生し、Windows XPの標準デスクトップ背景に使用されている人気の観光地ナパバレーから約1000人が避難した。

  約1000人の専門家チームが派遣され、航空機も参加して消火活動が行われているが、森林火災は拡大しているという。現在までに、焼失面積は2000ヘクタールを超えた。また住宅5棟が全焼し、さらに400棟の建物が危険にさらされている。

   ナパバレーはワインの産地として有名。また、世界で最も見られている写真もナパバレーで撮影された。1996年に写真家のチャールズ・オリア氏はナパバレーで、明るい青空に白い雲が浮かぶ緑の丘の風景を撮影した。そしてこの写真は「Bliss(草原)」と名付けられ、Microsoft 社のWindows ХРのデスクトップの壁紙に使用された。

  •  
    シェアする