2014.07. 7 , 10:56

学者:チリの鉱山上空で目撃された正体不明の物体はUFOだった

学者:チリの鉱山上空で目撃された正体不明の物体はUFOだった

   チリの異常航空現象研究委員会(CEFAA)は、昨年4月にチリのコジャワシ鉱山上空で撮影された正体不明の物体についてコメントを表した。

   CEFAAのベルムデス長官は、経験豊富な学者たちが画像を綿密に調査したと発表し、その結果、学者たちは、画像は本物であるとの結論に達し、画像に映っている物体は、UFOとして分類されたという。

   2013年4月、チリ北部のコジャワシ鉱山の作業員たちが、空飛ぶUFOを目撃した。目撃者たちによると、直径5-10メートルの銀色の円盤状の物体が、2時間にわたって出現した。空は澄んでいたため、よく見えたという。

   写真を見る

  •  
    シェアする