2014.07.22 , 16:37

中国北西部でペストの脅威 感染防止のため3万人市外に出られず

中国北西部でペストの脅威 感染防止のため3万人市外に出られず

   中国北西部甘粛省玉門市の住民3万人すべてが、市内でペストが発生したため、市の外に出ることを禁じられた。22日、中国中央TVが伝えた。

   市内には、ひと月分の食糧の備蓄があるという。

   地元当局がこうした決定を下したのは、先週、38歳の男性が腺ペストにより亡くなったためだ。なおこの男性は、死んで見つかったグラウンドホッグ(リス科の最大動物)からペストが感染した可能性がある。

   インターファクス

  •  
    シェアする