2014.08. 6 , 18:09

怒り狂うシャチが日本人16人を食い殺す

怒り狂うシャチが日本人16人を食い殺す

シャチの群れが日本の捕鯨船の船員を襲い、16人が死亡、12人が負傷した。worldnewsdailyreport.comが報じた。

   現場は南アフリカの沿岸部の捕鯨禁漁区。捕鯨船日進丸の船倉からガス漏れが生じたことが事件の発端となった。
   日進丸は約1000トンの燃料を積んでいた。ガス爆発を恐れた船員らが船を離れようと海に飛び込んだところ、シャチがこれに襲い掛かった。
   環境保護の活動家らによれば、日本の捕鯨船は捕鯨禁漁区での違反を繰り返している。1986年、国際捕鯨禁止委員会がクジラの捕獲を禁止して以来、日本の捕鯨船によって捕らえられたクジラの数は6千頭におよぶ。

  •  
    シェアする