2014.10. 3 , 13:31

米国、尖閣占領の際は宣戦と中国を脅す

米国、尖閣占領の際は宣戦と中国を脅す

   米国防総省のロバート・ウォーク次官は、日本と中国の紛争が激化した場合、米国は中国に対し軍事力を行使する可能性があることを明らかにした。

   Defense Newsの報道では、この声明は尖閣諸島の領有権論争をさしている。尖閣諸島を中国が占拠した場合、米国は1951年の日米安保条約に基づき軍事的報復を行う構え。

   ウォーク国防総省次官は、2020年までに米国の海軍、空軍の6割はアジア太平洋地域に配備されることを明らかにした上で、軍事的影響力の拡大は国防の財政状態の如何を問わず行われる計画だと語った。

   ロシアのマスコミ報道

  •  
    シェアする