2014.10.26 , 21:07

水中での呼吸を可能にする繊維がつくられる

水中での呼吸を可能にする繊維がつくられる

南デンマーク大学の学者たちは、大気などから酸素を吸収し、保存できる合成繊維をつくった。

これにより、呼吸器に問題を抱える人々たちは、重い医療機器への依存から解放されたり、ダイバーたちは、水中で呼吸することが可能になるという。

スポンジに似た繊維の主成分は、コバルト。

この合成繊維は、アクアラングシリンダーの3倍の酸素を保管することができる。

なお、酸素は大気および水から吸収できるという。

The Telegraphより

  •  
    シェアする