2014.11.20 , 05:34

国連、金正恩氏を人類に対する犯罪者として裁くよう提案

国連、金正恩氏を人類に対する犯罪者として裁くよう提案

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のリーダー、金正恩氏が人類に対する犯罪を犯したとして裁かれる可能性がある。

金正恩氏の人権犯罪については2014年2月に発表された国連のレポートでもすでに取り沙汰されていたが、今度は国連総会委員会が国連安保理に対し、金氏に責任を負わせる問題を解決するよう呼びかけた。これに取り組むのは国際刑事裁判所となる。

 ロイター通信によれば、これらの起訴はすべて象徴的な性格を持つものであり、これを基にして実際の裁判が始まるとは考えにくい。北朝鮮の同盟国である中国が最後は拒否権を発動し、この件は解決されずに終わると見られている。

 中国外務省のフン・レイ報道官は中国のこの問題に対する姿勢として、「我々はこの問題の解決を対話と協力に基づいて行い、他国への圧力を行使することに反対する」という声明を表した。フン報道官は、国際刑事裁判所に委ねても、北朝鮮に存在する問題は解決できないとの見方を表している。タス通信が報じた。

北朝鮮は国連決議を非難し、レポートの執筆者は「サボタージュ」を行っており、「この憤慨を呼ぶ、根拠のないキャンペーンは米国が起こしたものだ」として批判した。

Vesti.ru

  •  
    シェアする