2014.11.24 , 20:07

孤独の遺伝学的条件が解明される

孤独の遺伝学的条件が解明される

周りの人間は幸福な関係を楽しんでいるのに自分だけが孤独である、と感じる人がいる。それもこれもDNAの仕業かもしれない。学界は「孤独の遺伝子」を特定し、これを持つ人が通常人の20%、孤独になる確率が高いことを突き止めた。

この遺伝子は脳内のセロトニン・ホルモンのレベルが低下した際に反応するもので、これをもつ人々との近しい交わりは楽しくも快適でもなくなる。孤独者は新しい関係を始めることに困難を来し、離別はより一層苦しいものとなる。

北京大の研究室が中国人学生600人のDNAを調べた。

Vesti.ru

  •  
    シェアする