2014.12.12 , 10:52

ザッカーバーグ氏:Facebookに「いやだね!」ボタンは必要ない

ザッカーバーグ氏:Facebookに「いやだね!」ボタンは必要ない

  Facebook社長マーク・ザッカーバーグ氏は「いやだね!」ボタンの設置に反対の立場を示した。

  「人々は実に頻繁に悲しいことを言い合い、又は様々な文化、社会に言及する」。感情表現(共感や驚きなど)ボタンの設置によって、「コメントを作文するのは面倒だが、読んだページにささやかな痕跡を残したい」人が利益を受ける、と同氏。「いやだね!ボタンの設置を希望する声が多い。よくよく考えた。人には、ある種のよくないものに対して、よくないと言いたい願望がある。しかしそれが何かよい果実を生むとは思わない」「いやだね!ボタンは設置しないことにした。いい、いやだ、こうした尺度は、Facebookには必要ないと思う。いやだね!ボタンが社会に何か利益とか価値とかをもたらすとは思わない」「コメントを書き残すことは常に可能なのだ」と同氏。

 

  •  
    シェアする