2014.12.22 , 14:55

学者 小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表

学者 小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表

米航空宇宙局(NASA)の学者たちは、小惑星の落下によって滅びる恐れのある国10カ国を発表した。

NASAは、4万7000個以上の小惑星をとらえている強力な望遠鏡「ワイズ(WISE)」を使用して、小惑星の落下によって滅びる恐れのある国を割り出した。伝えられたところによると、4万7000個以上の小惑星のうち、107個が人類にとって重大な脅威となっている。
地球に直径100メートル以上の小惑星が落下した場合、その地域では洪水、津波、竜巻などが発生し、複数の国が完全に滅亡するという。
小惑星の落下によって滅びる恐れのある国は、英国、米国、中国、イタリア、インドネシア、フィリピン、ナイジェリア、日本、インド、ブラジルの10カ国。

  •  
    シェアする