2015.01. 4 , 12:56

ロシアの学者:地球に危険な小惑星が接近

ロシアの学者:地球に危険な小惑星が接近

ロシアの学者たちは、地球に危険な小惑星が近づいていると報告した。この小惑星が地球に最も接近するのは1月26日。危険な小惑星について発表したのは、ウラル連邦大学の専門家たち。

小惑星BL86の直径は、400-1000メートル。小惑星は26日、地球から120万キロのところを通過する。これは地球から月までの距離の3.1倍。学者たちは、極めて近いと指摘している。
小惑星BL86は、北半球で観測が可能。天体望遠鏡あるいは強力な双眼鏡を利用する必要がある。
 これより先、米航空宇宙局(NASA)の学者たちは、小惑星が地球に衝突した場合に致命的な危険が及ぶ恐れのある国のリストを発表した。リストには、日本、米国、英国などを含む10カ国が入っている。

  •  
    シェアする