2015.01.22 , 22:15

エボラで類人猿が全滅の恐れ

エボラで類人猿が全滅の恐れ

エボラ出血熱の犠牲者になるのは人間だけではない。 動物もそうだ。たとえば、ゴリラはエボラによる死亡率が95% に達しようとしており、チンパンジーも77%になっている。 デイリー・ミラー紙が報じた。それによれば、 アフリカの類人猿はエボラによって絶滅の危機に瀕している。

1990年からの今までにエボラによって世界中のゴリラとチンパ ンジーの3分の1が死滅した。世界野生動物基金によれば、 現在世界には11万5千頭を越えるゴリラが生息しており、 これだけ高い死亡率が記録された場合、 ゴリラ全体が死滅する恐れがある。

エボラ蔓延を防ぐには動物にワクチンを施す方法が有効と見られて いる。ゴリラ、 チンパンジー向けの安全かつ有効なワクチンはすでに開発されてい るものの、人間用のワクチンはまだ開発されていない。

  •  
    シェアする