2015.03.19 , 19:53

リトアニア、海兵学校の生徒をロシア兵と勘違いで駅が封鎖

リトアニア、海兵学校の生徒をロシア兵と勘違いで駅が封鎖

リトアニアの首都ヴィリニュスとノーヴァヤ・ヴィリニャ警察および国境警備隊は、鉄道の駅にロシア軍の兵士らがいるとの通報を受け、駅周辺を有刺鉄線で封鎖した。両市の駅からはロシアの西の飛び地である仮ニングラードへ向かう列車が出ている。ところが通報は誤報であることが判明。車内にいたのは海兵学校の生徒らだった。

警察と国境警備隊には、リトアニアを通ってロシアから「多くの徴兵年齢の若者」がカリーニングラードへ向かおうとしているという通報が入った。デルフィ通信が報じた。ところが通報は誤報だったことが判明した。

ヴィリニュス駅では車両検査が行なわれたが、疑わしい物的証拠は何も見つからなかったため、列車は時刻表に従ってカリーニングラードへと発車した。後に、車内に海兵学校の生徒らがいた事が明らかになった。

  •  
    シェアする