22:23 2016年07月27日
東京+ 24°C
モスクワ+ 28°C
ローマ法王、全世界に死刑の廃止を訴える

ローマ法王、全世界に死刑の廃止を訴える

© AFP 2016/ FILIPPO MONTEFORTE
社会
短縮 URL
157076

ローマ法王フランシスコが世界中の国家に向けて死刑の完全撤廃に合意するよう求めた。

「私は死刑の廃止に関する国際的な合意に達するよう全世界の首脳の良心に訴えかける。そしてカトリック教徒である首脳に対しては『いつくしみの特別聖年』である今年に1つの死刑も執行されないように勇気をふるい、模範的態度を示すことを提案する。罪人でさえ生きることには不可侵の権利がある」法王フランシスコは恒例の日曜説教の「お告げの祈り」の席でこのように話した。

法王フランシスコがこう語るとバチカンのサン・ピエトロ広場に集まった信者らからは盛大な拍手が沸きあがった。

「そう、罪人にさえ命には不可侵の権利があるのです」法王は繰り返した。

法王フランシスコによって2015年12月8日から2016年11月20日の期間は「いつくしみの特別聖年」は定められている。

タグ
ローマ法王
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

全てのコメント

  • catss4
    法王には、まず、超法的な存在を許さない、真の法廷を
    提唱してほしいです。
    死刑問題は、その後のことだと感じます。

    法王は、難民を受け入れるようにとのメッセージを送っていましたが
    難民のなかにISがまぎれているということをご存知での発言だと思います。
    でも、それが、普通の市民達の重荷にもなっていると感じます。
新しいコメントを読む (0)