13:40 2016年07月28日
東京+ 28°C
モスクワ+ 18°C
クレムリン

国際学者グループ「生物に死をもたらす超太陽フレア発生の可能性あり」

© Sputnik/ Vladimir Astapkovich
サイエンス
短縮 URL
2255403218

中国、イタリア、ベルギーそしてデンマークの天文学者からなる研究グループが出した結論によれば「太陽面で極めて巨大な爆発が起こる可能性があり、そうなれば地球のあらゆる生物に致死的な危険な影響を及ぼす」との事だ。オンライン限定の科学ジャーナル「ネイチャーコミュニケーションズ(Nature Communications.)」が伝えた。

国際学者グループは、太陽と特徴が似ている5648の星を観察した結果、48の星で、太陽フレア(太陽面爆発)の威力を何万倍も上回る、巨大な爆発を観測した。

特にそのうちの4つの星は、太陽のものと同じ磁場を持っていた事が注目されている。そうした事から、学者らは、太陽フレア及び他の星でのスーパーフレアは、同じ性質を持っているとの結論に達した。

現在起きている太陽フレアは、宇宙空間に、大量のエネルギーを放出している。なおフレアは、人工衛星や航空機の電子システムばかりでなく、人間の気分、心身の感覚にも影響を与えている。

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

全てのコメント

  • shintsg
    チャンシギ
    しばらく前から盛んな黒点活動が地球からも観測されていますね。
    地球にとってはたまたま運が良かったのか、地球の反対側で大きな爆発的フレアーがあったようですが、この先地球の正面でまともにフレアーの嵐を浴びたら、とてつもない事になりますね。コンピューターのデータが飛んだり、アラスカまで行かなくてもオーロラが観えるかも、データのバックアップは大切ですね。
新しいコメントを読む (0)