登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アルゼンチンにナチス犯罪者の避難所と思しき施設見つかる

フォローする
パラグアイとの国境に近いアルゼンチンの街に待避壕が見つかった。ナチスの犯罪者の避難所と見られている。

国立公園「テイユ・クアレ」敷地内に3つの巨大な建造物がある。

ブエノスアイレス大考古学研究室のダニエル・シャヴェリソン代表によれば、第二次世界大戦時、ドイツはナチス上層部のための特別避難所を建設する秘密プロジェクトを進めていた。このほど見つかった、壁の厚みが3mにも及ぶ構造物では、1938年から1941年の年号が入ったドイツの通過が見つかっている。また、ドイツの陶磁器製の皿も見つかっている。ロシアのメディアより。

さらに、研究者らは、ナチスが実際にこの待避壕を利用したことはなかったであろう、としている。なぜなら、戦争に負けてアルゼンチンに入ったとき、別に隠れ立てしなくてもどこにでも合法的に住むことができるということがわかったためである。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала