登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

墜落A320機の機長、斧でドアを壊し操縦室に入ろうとした

フォローする
フランスで墜落したA320機の機長は、その生涯の最後の数分間、副操縦士が閉じこもった操縦室へのドアを斧で破ろうとした。

Bild紙が消息筋の情報として伝えたところによれば、4U9525便の操縦士は操縦室を出てトイレい向かい、帰ろうとすると、もう操縦室は施錠されていた。

機長は副操縦士のアンドレアス・リュビツ氏にドアを開けるよう訴えた。「理由は不明だが、副操縦士は飛行機を地面に向かわせた。その間機長は事故を防止するべく斧でドアを破ろうとした」と同紙。ジャーマンウィングス社の社長によれば、飛行機は8分間かけて墜落した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала