登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

パイロットの鬱はテストでは見抜けない

フォローする
追加調査やテストを実施してもパイロットが鬱状態にあるとは判明できない。ライプツィヒ精神医大のウリリヒ・ヘーゲル学長は独シュピーゲル誌からのインタビューにこう答えた。

副操縦士アンドレアス・リュビツ - Sputnik 日本
事故でなく大量殺人:リュビツ氏は意図して飛行機を墜落させた
ヘーゲル学長は、心理テストでわかるのはストレスにどの程度強いかというレベルであり、鬱を発見することは「関係者がこれを欲しない限り」できないと語る。学長が提唱するのは、追加テストの実施より、パイロットとの作業に精神病者を相手にした経験を有し、「鬱、自殺に向かう度合いを発見する」ことができる医者を組み入れること。

ヘーゲル学長は、同様のテストの対象に「ドライバー、外科医、保育者」を含めるべきと指摘。また医師の秘密保持の現状の見直しが行われる可能性があることについては、「とんでもない誤り」としたうえで、A320機のアンドレアス・リュビッツ副操縦士のケースは「極端だが、唯一のケース」と指摘している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала