登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国、EU、日本、WTOにロシアの輸入代替政策について訴える

© Sputnik / Ruben SprichWTO
WTO - Sputnik 日本
フォローする
米国、欧州連合(EU)、その他の複数の国々が16日、世界貿易機関(WTO)貿易関連投資措置委員会 で、ロシアの輸入代替政策に懸念を表明した。交渉に近い関係者が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

情報筋によると、「ロシアは最近の『危機対応プラン』の枠内で、医療機器用の輸入代替政策戦略の導入に関する措置を承認した。米国は、ロシアが明らかに国有企業のこの要求を拡大する準備をしていると述べている」という。

情報筋は、EU、日本、カナダの代表者たちも、機器、繊維製品、自動車およびソフトウェアの買い付け要件について不安を呼ぶ傾向について指摘し、同様の懸念を表したと伝えた。

ロシアは欧米の制裁によって一連の重要な産業の輸入依存が明らかになったあと、輸入代替政策の幅広いプログラムを開始した。

ロシアのプーチン大統領は16日、ロシアのWTO加盟後にふさがっていたロシア市場について、制裁がきれいにすることを助けた、と指摘した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала