登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

サウジアラビア イエメンで化学兵器を使用 一般市民も犠牲に

© AP Photo / Hani Mohammedイエメンのサアダ県
イエメンのサアダ県 - Sputnik 日本
フォローする
サウジアラビア主導の有志連合のイエメン空爆で負傷したイエメンの一般市民たちは、空爆が始まってから呼吸困難、吐き気、下痢に苦しんでいると語った。Sputnik Internationalが伝えた。

イランのマスコミによると、サウジアラビア軍機は18日にサアダ県の市場や居住地区を空爆した際に毒ガスを使用したという。

イエメンの住民たちは、サウジアラビア軍機が、禁止されている種類の兵器を使用していると語った。

空爆で負傷した人々は、攻撃が始まってから呼吸困難、吐き気、下痢に苦しんでいるという。

サウジアラビア主導の連合軍は、イエメンで一日中空爆を行っている。空爆の結果これまでに、女性や子供数百人を含むイエメン人2655人以上が死亡、数千人が負傷している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала