ウクライナ西部 警察官のリンチ・バラバラ死体見つかる

ウクライナ西部のリヴォフ(リヴィウ)で、地元警察官のバラバラ死体が見つかった。荷馬車に括りつけられ、バラバラになったとみられる。

18日22時半、ラヂェホフスキイ地区の警察署に、25歳の地元住民から「人間の遺体が垂れ下がった、2頭の馬が引く荷馬車が通り過ぎるのを偶然目撃した」との通報があった。捜査官が現場に急行すると、血痕のついた上着が見つかり、ポケットには警察官の身分証が入っていた。荷馬車を調査する中で、係官らは、人間の身体の一部を発見した。それらは、人間が堅い道路面を引きずられた事を物語るものだった。遺体は、隣の地区との境にある土地改良用の堀の中で見つかった。

すでに容疑者として、ラヂェホフスキイ地区の53歳の男性とソカリスキイ地区の26歳の男性が逮捕された。2人は警察官に対し残酷なリンチを加えたとし、刑法115条「謀殺」罪で起訴された。

ウクライナ内務省が伝えたところでは、調査は、州警察指導部の管轄下で進められている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала