札幌高裁も衆院選の投票結果に意見判決

札幌高等裁判所は2014年12月実施の衆院選の投票結果を違憲であるとする判決を出した。同選挙では自民党が勝利している。

ただし札幌高裁は投票結果については有効とする判決を下している。

現段階で各地では衆院選の投票結果を違憲とする訴えが17件起こされており、そのうち16件は判決が下されている。合憲判決が出されたのはたったの4件。最高裁は今年末までに判決を出すものと見られている。

訴えをおこした弁護士らは地方によって1票の重みにあまりに開きがあると指摘。人口密度によってその差は2.13倍も開いた。弁護士は、憲法に謳われる有権者の平等に違反するとしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала