議員 ロシアで寄食者に対する罰の復活を提案

© Sputnik / Виталий Белоусов / フォトバンクに移行議員 ロシアで寄食者に対する罰の復活を提案
議員 ロシアで寄食者に対する罰の復活を提案 - Sputnik 日本
議員たちは、半年以上就職を避けている人たちに、最大1年間、矯正労働あるいは強制労働させることを望んでいる。イズベスチヤ紙が伝えた。

サンクトペテルブルグの立法会議は、近いうちにもロシア下院(国家会議)に提出される連邦法の改正案を準備した。イズベスチヤ紙は、同文書を入手することに成功した。

議員たちは、憲法に労働は権利であるだけでなく、市民一人ひとりの義務であり、この義務をなおざりにする者は寄食者とみなされる、とする条項を追加することなどを提案している。

なお、18歳未満の市民、障害者、障害児の親、14歳未満の子供を持つ女性、その他いくつかのカテゴリは例外とされている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала