ポーランド当局 ロシアのバイク集団「夜の狼達」の入国に怯える

© Sputnik / Valeriy Melnikovポーランド当局 ロシアのバイク集団「夜の狼達」の入国に怯える
ポーランド当局 ロシアのバイク集団「夜の狼達」の入国に怯える - Sputnik 日本
ポーランド当局は、ロシアのオートバイクラブ「ナチヌィエ・ヴォルキ(夜の狼達)」の入国を認めなかった。彼らは、ナチス・ドイツに対する勝利70周年を記念したバイクレースを計画していた。またポーランド国内で彼らは、ナチズムからポーランド人達を解放するために命を落としたソ連兵の墓に献花するつもりだった。

国境でポーランドの警備兵らは、武器を手に、ロシアのバイク乗り達を取り調べ、理由を説明することなく、大部分のメンバーの入国を拒否した。

1945年5月1日にドイツ連邦議会議事堂に勝利の旗を掲げるソ連兵 - Sputnik 日本
第二次世界大戦参戦国の市民 戦争におけるソ連の役割を知らず
グループのリーダーで「ヒルルグ(外科医)」の名前で有名なアレクサンドル・ザルドスタノフ氏は、こうしたポーランドの国境警備隊の行動について「田舎の安っぽいサーカスのようだ」と述べている。

一方ポーランドの国境警備隊の行動は、自国のバイク乗りからも強い非難を浴びた。バイクグループのリーダーの1人、ヴィクトル・ヴェングジン氏は「ポーランドのバイク乗りは何度もロシアに行っているが、あそこではいつも警察を含め当局の側から助けてもらった。今回『狼達』が入国を拒否されたのは、ロシアとポーランドの間の紛争に火をつけるため、ポーランド当局は彼らを利用したいからだ」と説明している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала