中国で蝙蝠に似た新種の恐竜の化石が見つかる

北京の複数のマスコミが伝えて所では、中国の古生物学者達は、北東部の河北省で、ジュラ紀(約1億6千万年前)に地球上に生息していた小型恐竜の化石を発見した。

調査の結果、この恐竜の体重は約380グラムで、羽ではなく、蝙蝠を思わせる皮の翼(飛膜)を持っていた。頭から四肢にかけては約1,5センチから6センチの羽毛で覆われ、両前脚の手首部分にさおのようなものがあり、その周囲に飛膜があったと推測される。学者達は、この恐竜に、中国語(標準語)で「奇妙な翼」を意味するYi qi(イーチー)という名前を付けた。

イーチーは、始祖鳥など原始的な鳥類に非常に近い小型恐竜と見られ、中国領内にのみ生息していたようだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала