CIA元職員 アルカイダとの戦いにおける情報機関の失敗について執筆

© AP Photoイスラム国、イラク
イスラム国、イラク - Sputnik 日本
米政府は、中東が政治的に不安定だった時期に、国際テロ組織アルカイダの可能性とポテンシャル、そしてウサマ・ビンラディンの死後、アルカイダが地域で再びその立場を強化する可能性を非常に過小評価した。米中央情報局(CIA)元職員のマイケル・モレル氏は自身の著書の中で、このような見解を表している。

CIA本部 - Sputnik 日本
CIAの資金がアルカイダの手に渡っていた
モレル氏は、「我々は政治家たちに、アラブ諸国での騒乱がアルカイダの立場を損ねると説得した。アラブの春は、中東と北アフリカのイスラム過激派にとって恵みとなった。対テロ活動の面から見た場合、アラブの春は冬と化した」と指摘している。ワシントンポストが伝えた。

CIA副長官を務めていたモレル氏の著書は、CIAにおける30年間の職務をテーマとしている。モレル氏は著書の中で、2010年のアラブの春、2001年から始まったCIAの対テロ作戦、CIA元職員のエドワード・スノーデン氏による大規模な情報漏洩、ビンラディン殺害などについて触れている。

同書の出版は、CIAの活動に関する最近で最も大きな批判的反応を呼んだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала