NASA、火星植民計画コンクールに1万5千ドル

© Nature Video火星
火星 - Sputnik 日本
NASAは火星の最適な征服方法を競うコンクール実施を明らかにした。NASAのサイトが明らかにした。

「プログレスM-27M」、太平洋上空の厚い大気の層で燃える - Sputnik 日本
「プログレスM-27M」、太平洋上空の厚い大気の層で燃える
NASAの掲げる課題は「1億4千マイルもの火星までの距離を克服し、これを損失を最小限度にとどめて植民地化するためには人類は何を携えていくべきか?」というもの。コンクール参加者らはこれに答える。

コンクールの応募制限はなし。各人は人類の火星飛行の詳細なスキームと水、食料、酸素、医療品、ツールなどの必要品目とその正確な量、個数を出さねばならない。

最良かつ最もエコノミーな回答にNASAは5千ドル以上を贈る。賞金総額は1万5千ドル。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала