ウクライナ財相、債権者との交渉が難航していることを認める

© Sputnik / Michael Palinchakウクライナのナタリヤ・ヤレシコ財務大臣
ウクライナのナタリヤ・ヤレシコ財務大臣 - Sputnik 日本
ウクライナ政府と国際債権者との交渉は「予期に反して非常に困難で、複雑だ」。ウクライナのナタリヤ・ヤレシコ財務大臣がドイツのハンデルスブラット紙によるインタビューで述べた。

大臣によれば、債権者との合意を達成するのにウクライナに残された時間は「あまり多くはない」。キエフがデフォルトを宣言する可能性は検討されていない、と大臣は強調した。

4月10日、100億ドルの有価証券保有者を束ねるウクライナ民間投資家委員会は、キエフの債務を帳消しにすることを拒否した。5月14日、ロシアのセルゲイ・ストルチャク財務次官は、ロシアは30億ドルのウクライナ債券を保有しているが、やはり債券を書き換えする意向はない、と強調している。

ウクライナの対外債務は2015年3月の決算で8.3%(24億ドル)増、328億ドルに上っている。ウクライナ国民銀行は、債務の総額は年間のGDPの93%を占める、との予想を示している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала