ロシア外務省「クリミアに関するEUのクレームにコメント」

© Sputnik / Maxim Blinovロシア外務省「クリミアに関するEUの『つぶやき』にコメント」
ロシア外務省「クリミアに関するEUの『つぶやき』にコメント」 - Sputnik 日本
ロシア外務省は、リガで行われた「東方パートナーシップ」サミットの結果をコメントし「EUは、クリミアに関しはっきりした立場を持っていない」と結論付けた。外務省の公式サイトが伝えた。

そこでは、次のように指摘されているー

「今回もEUは、クリミアに関する自分達の不適切な立場をつぶやいた。EU加盟国の若干の指導者やブリュッセルの代表らは、国民の自由な選択や意志を尊重する事をさらに学ぶべきだろう。他のコンテキストにおいて、彼らは、あれほどそれについて議論するのが大好きなのだから。」

またロシア外務省は、公式サイト上で「欧州の運命に対する自分達の責任について自覚している国々の努力は認めるが、リガでは、個々の参加者が抱える当面の課題という圧力のもと、今回も、深まりゆく欧州分裂の克服に向け、一歩を記すチャンスが見過ごされてしまった」との見方を示した。

なお最後にロシア外務省は「ロシアはこれまで同様、建設的対話に向けた用意があり、世界に分裂ではなく統一を訴え、『あなたは誰と一緒になるのか?』という問いを発してゆく」と述べ、メッセージを締めくくっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала